緑の基本計画

公開日 2011年06月13日

緑の基本計画の目的

緑は、都市における環境保全や人々の健康づくり・レクリエーションの場、景観の向上や災害などの軽減、人々の生活に潤いを与えるなど、都市における快適な生活環境の向上に必要不可欠な存在です。近年では、地球温暖化やヒートアイランド現象への対策に効果的なことから、その重要性が見直されてきています。緑の増加は、より多くのCO2を吸収し、緑陰や蒸散作用によって気温の上昇を抑え、ひいては省エネルギー化にもつながります。

本計画は、地域の視点から大切な緑の保全および緑化の推進を図り、まちづくり、あるいは地域の魅力をさらに向上させていくため、都市緑地法の第4条に基づいて策定するものです。

本町では、都市における総合的な公園緑地計画として、昭和52年に緑のマスタープランが制度化されたことにもとづき、昭和55年に計画が策定されました。その後、都市化の進展や社会情勢の変化により、計画と実現とに隔たりが生じ、また、平成4年に都市計画法が改正され、同法により策定される市町村の都市計画に関する基本的な方針(都市計画マスタープラン)に、緑のマスタープランを反映する必要が生じました。

さらに、平成6年に都市緑地保全法が改正され、緑地の保全および緑化の推進に関する基本計画として、「緑の基本計画」が法的に位置づけられ、これに伴い、本町では、緑のマスタープランを見直した緑の基本計画が平成7年度に策定されました。しかし、この緑の基本計画の策定から、十年以上経過しており社会的諸条件の変化など、現実との相違が生じています。

一方、平成16年には景観緑三法として、都市緑地保全法、都市公園法等の見直しが行われ、以下のような制度の創設・拡充が図られており、それらに対応した計画の見直しが必要となっています。

  1. 緑の基本計画の充実による都市公園の整備および緑地の保全・緑化の総合的な推進
  2. 都心部などにおいて民有地を含めた都市緑化を推進するための緑化地域制度などの創設
  3. 市民や企業など、多様な主体による公園や緑地の計画、整備、管理のための仕組みの整備 など

そこで、本計画は、これらの背景に合わせ、既存の「緑の基本計画」の見直しを図り、中長期的な観点にたって、緑の保全と緑化の推進に関する方針を策定するものです。

 

緑の基本計画報告書

お問い合わせ

産業建設部 都市整備課 都市計画係
住所:〒470-2492 愛知県知多郡美浜町大字河和字北田面106番地
TEL:0569-82-1111内線245
FAX:0569-82-1208

トピックス

〒470-2492 愛知県知多郡美浜町大字河和字北田面106番地   電話 0569-82-1111 ファクシミリ 0569-82-4153
開庁時間 午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日、年末年始を除く)