小児のB型肝炎予防接種のお知らせ

2016年10月1日

B型肝炎ウイルスの予防接種が、平成28年10月1日より定期の予防接種になりました。

お子さんの体調の良い時に下記の委託医療機関にて、予約のうえ接種を受けるようにしましょう。

1.対象者 生後2ヶ月~1歳までのお子さん

生後2ヶ月から1歳までの間に3回接種を行います。過去にB型肝炎ワクチンを接種している場合は、その回数を除いてください。

※2ヶ月~1歳前日までであれば公費(無料)で接種できます。

(平成28年4月~7月生まれまでのお子さんについて、平成29年9月末までは経過措置として受ける事が出来ますが、出来るだけ1歳未満で接種してください。1歳を過ぎると定期接種ではなくなりますので、副反応が起こった場合の救済措置が異なります。)

※過去にB型肝炎ワクチンをすでに3回接種しているお子さんは対象外です。

(接種した情報は予防接種台帳に登録しますので、母子手帳をお持ちのうえお知らせください。)

2.委託医療機関(予約制)

医療機関名 地区 電話番号 住所
榊原医院 布土 0569-82-0205 美浜町大字布土字大池41
知多厚生病院 河和 0569-82-0395 美浜町大字河和字西谷81-6
辻医院 河和 0569-82-0106 美浜町大字河和字北屋敷98
浜田整形外科・内科クリニック 古布 0569-82-5511 美浜町大字古布字屋敷182-5
渡辺病院 野間 0569-87-2111 美浜町大字野間字上川田45-2
前田医院 奥田 0569-87-0063 美浜町大字奥田字御茶銭98-5

※直接ご予約下さい。

3.持ち物

母子健康手帳(母子手帳)とお送りした予診票(2部複写になっています。)

4.接種方法

生後2ヶ月~1歳未満

 1回目 生後2ヶ月以上で接種

 2回目 1回目から中27日(4週)以上あける

 3回目 1回目から中139日(20週)開ける(1歳未満)

5.病気の説明

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスに感染することにより発症します。

B型肝炎には、一過性感染、または持続感染という二種類の感染様式があります。

多くの感染者は一過性感染を経て治癒しますが、中には継続感染となり、生涯、B型肝炎ウイルスが体内に残る場合があり、肝硬変から肝臓がんに進展する人がいます。

6.B型肝炎ワクチンについて

現時点では日本には次の2種類のB型肝炎ワクチンがあります、どちらのワクチンでもB型肝炎を予防する効果は同等です。

 (1)ビームゲン   (2)ヘプタバックス

遺伝子組み換えで作られた不活化ワクチンです。

不活化ワクチンですのでワクチンを接種したことによってB型肝炎にかかることはありません。

7.接種時の注意事項

母子健康手帳がないと接種できませんので忘れずにお持ちください。

1ヶ月以内に他の予防接種を受けた場合、接種間隔に注意してください。

〈他の予防接種日の翌日から〉

生ワクチン

 (ロタ・BCG等)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・27日以上あける

不活化ワクチン

 (四種混合・Hib・小児肺炎球菌・インフルエンザ等)・・・6日以上あける

接種を安全におこなうため、必ず保護者(親)が同伴してください。

カゼ等で薬を内服している場合は、元気があっても予防接種を行える十分な体調とは言えません。体調の良い時に受けるようにしましょう。

8.副反応

大人では接種部位の発赤や軽度の発熱が数%みられることがあります。小児ではこれらの副反応はまれにしかみられません。

9.接種後の注意

接種後30分間は病院にいるなどして様子を観察し、アレルギー反応などがあればお医者さんとすぐ連絡が取れるようにしておきましょう。

接種後2~3週間は副反応の出現に注意しましょう。

接種当日の入浴は差し支えありませんが、注射した部位をこすることはやめましょう。接種当日は接種部位は清潔に保ち、はげしい運動は避けましょう。

お問い合わせ

予防係
電話:0569-82-1111(287)
ファクシミリ:0569-82-1321

トピックス

〒470-2492 愛知県知多郡美浜町大字河和字北田面106番地   電話 0569-82-1111 ファクシミリ 0569-82-4153
開庁時間 午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日、年末年始を除く)